むっちりチャイナ服の謎

紗夢たんの衣装は密着度の高いむっちりチャイナ服ですが、これだけ密着度が高いのには理由がありました。
ただの妄想です。むっちりチャイナ服はいいねぇ。以下妄想設定。

この服は寄生型鎧で、宿主と共生状態にある。
通常の衣服と比べ物にならないほど対衝撃防御能力に優れており、物理的な破壊力に対してかなりの効果を発揮する。着用時は普通の服と全く変わらない。 水着のように身体に密着している。紗夢の着用している個体は、この水着に襟とスカートが加わった形態を常態としている。 一定値以上の物理的衝撃に対しては裏生地が繊毛へと変化、服と宿主との間に特殊な粘液を張り対ショック効果を増加させる。
一日につき宿主の体液を一定量必要とするため、着脱時には注意が必要である。 もしもこの服を脱ごうとしたときに体液が一定量に満たない場合、宿主から体液を確保するため、裏生地を繊毛へと変化させて宿主に性的な刺激を加えて強制的に体液を得ようとする。 また、与えられた体液が一定量を超えていても宿主に対して性的な刺激を加えてくるという事例が多々報告されているため、この服を着る際には注意が必要である。 この現象は物理的衝撃を防御し続けると発生しやすくなることが確認されており、長時間の戦闘に耐えうる装備ではないと言える。


戻る
 
follow us in feedly