フロントジッパー触手競泳水着


着ている水着の裏地が突然ざわめきだしたかと思うと、数瞬後には生暖かな繊毛地が形成されて翔鶴の柔肌を余すところ無く舐め回し始めた。
トロみがかった半透明の白濁催淫粘液が乙女の滑らかな肌に幾度も塗り込まれる。
触手水着は装着者の意思とは無関係にその女体をじっくりと全身をしゃぶり、味わっていった。


戻る
 
follow us in feedly