セーラーマーキュリーのピンチシーン





個別に分断されてしまったセーラー戦士。
マーキュリーは肉部屋に閉じ込められてしまう。蠢く肉襞の中、ヌメヌメした触手に動きを封じられる。
背後から、ヌチャヌチャと粘液を滴らせながらマーキュリーを丸呑みしようと巨大な肉蟲が迫る。
エナジーは残り少なく、セーラースーツは本来の防御力のほとんどを失ってしまっていた。
粘液がスーツを伝うと、ピッチリと張り付いた極薄のスーツは呆気無く透き通ってしまい、マーキュリーの熟れた肉体を
際立たせた。

戻る
 
Monappyでモナゲする Ofuseする follow us in feedly