薄い本の妄想シチュ


「君のお家は大変なことになっているそうじゃないか」
「お願いです…ヴァーミリオン家にお力添えを…」
「分かっているよ。だがそれには君の誠意を見せてもらわんとな。ノエル君?」
みたいな薄い本が読みたいマン。
さ、原稿やろう…。
戻る
 
follow us in feedly